買取キング

電話受付 朝10:00~夜19:00
0120-010-309
ライン
査定

買取キングで宝石買取!
宝石買取実績は、業界最高水準! 専属の宝石鑑定士がおりますので、
安心してご相談ください。

買取キングホーム 買取商品 宝石買取鑑別書・鑑定書編 -宝石鑑定士・久里浜駅前店 店長の豆知識

鑑別書とは?

鑑別書は、全ての宝石が対象で、石の寸法や重量の測定から、 屈折率、多色性、蛍光性などの光学的な検査、拡大検査、比重検査などを行い、 それらの検査で得た科学的データから、天然、合成、模造といった石の起源や、カット・研磨以外の人的手段が施されているかなどが決定されます。 鑑別にはたくさんの検査が必要です。鑑別では所定の検査が可能であれば、裸石に限らず、ジュエリーとしてセットされたものに対しても行われます。

鉱物名

鉱物名または生物学上の呼称が記載されます。 自然界で生成され、カット・研磨以外の人的手段が加えられていないこれらのものには、 すべて“天然”の接頭語が冠せられます。 例)天然コランダム、天然ベリル、天然クリソベリル、天然ゾイサイト、天然アコヤ真珠、天然サンゴなど

 

宝石名

鉱物の中で色や組成などにより細分化された変種名あるいは宝石として分類された変種名が記載されます。 光学的効果をもつ宝石には、その効果を表す接頭語または接尾語を付けて記述されます。 例)ルビー、サファイヤ、エメラルド、アクアマリン、アレキサンドライト、クリソベリルキャッツアイ、タンザナイトなど

 

コメント

検査石にどのような処理が施されているか記載されます。

色と透明度

検査石の透明度(透明、半透明、不透明)と色相を記載しています。

 

カットの形式

石の外形の形と研磨された形状を記載しています。 一般的に宝石は、原石からの歩留まりが良く、その石の最高の色が得られ、 しかも最大限の輝きが出るような方向にカットが施されています。 ※歩留まり・・・研磨加工した後に残る重量の割合

重量・刻印

宝石の重量は、通常カラット(略字ではct.)で表示されます。1カラットは、0.200gです。 重量の後に“(刻印)”と書かれているものは、リンク等製品に打刻された重量をそのまま記載しています。

 

寸法

1/100mmまで測定した“縦×横×深さ”の寸法が記載されています。 複数石の場合は“省略”と記載され、枠留めの関係などで測定出来ない場合は“測定不可”と記載されます。

屈折率

光が空気中から宝石に入る時に、その境界で起きる屈折の度合いのことで、宝石の種類によって固有の値をもっています。

 

多色性

複屈折性の有色の宝石を見た時に、方向によって色が違って見えることがあります。 この性質を多色性と呼び、宝石の種類によって色の見え方が異なります。

 

比重

比重とは、物質の空気中の重量と同体積の水の重量との割合です。 宝石はその種類によって固有の比重をもっています。 製品の場合は、石の比重測定が出来ませんので、“セットのため測定不可”と記載しています。

 

分光性

一見同じ色のように見えても、宝石の種類によってその色が付いている原因は違うものです。 この検査は宝石に光を当て、そこから返ってくる光や透過してくる光を各波長に分解して、 検査する宝石の特徴的な光の吸収を調べています。

 

拡大

一見同じ色のように見えても、宝石の種類によってその色が付いている原因は違うものです。 この検査は宝石に光を当て、そこから返ってくる光や透過してくる光を各波長に分解して、 検査する宝石の特徴的な光の吸収を調べています。

 

偏光性

光が宝石に入り屈折をする際、内部で2本に分かれて屈折するものがあります。 この現象を複屈折性、1本のままのものを単屈折性と呼びます。これかは、宝石の種類によって決まっています。

 

蛍光性

宝石などの物質に紫外線を当てると、これを吸収してその宝石特有の人間の眼に見える色の光に変化して発散されることがあります。 この性質を蛍光性と呼び、宝石の種類によって蛍光性は異なります。

 

備考

その他、特筆すべき事項があった場合に記載されます。

鑑定書とは?

鑑定書とは研磨済みダイヤモンドのカラット(石の重量)、カラー(石に帯びる黄色味の濃度)、クラリティ(石の透明度)、 カット(輝きの良否を決定するプロポーション)のいわゆる4Cの等級付けをした報告書です。 ですから、その報告書はグレーディングレポート(等級報告書)と呼ばれます。

カット・形状

(a)ラウンド・ブリリアント・カット

丸型で、クラウン側に33、パビリオン側に25、合計58のファセット(研磨された面)を持ったカットのことです。 これがダイヤモンドの美しさを最大に引き出す形と言われています。

(b)ファンシーカットダイヤモンド

ラウンド・ブリリアント・カット以外にも、オーバルやハートなどいろいろな形にカットされることがあり、 これらを総してファンシーカットと呼びます。 ファンシーカットには、一般的に以下のようなものがあります。

寸法

プロポーションの自動計測装置(ダイアメンション)を使用して ダイヤモンドのガードル径2ヶ所(最小値と最大値)と全体の深さを測定し寸法として記載します。

カラット・重量

カラット(略字ではct)は、宝石の重量を表す用語で、1カラットは0.200gです。

 

カラー(色)の等級

黄色の色調の微妙な違いを各付け分類するのがダイヤモンドのカラー評価です。 一般には純粋無色なものをDカラーとし、以下E、F、G、H・・・・Zまで分類評価します。 カラーの評価をする時はマスターストーンと比較して、微妙な色調の差異を判断します。 尚、Zカラー以下のダイヤモンドやピンク、ブルー、パープル、グリーン、オレンジ等の ファンシーカラーと呼ばれる様々な色調を帯びたダイヤモンドは、別の分類評価をします。

色の起源

検査の上、その色が天然か人工かを記載しています。

 

クラリティの等級

磨かれたダイヤモンドを専門家が10倍に拡大し検査してインクルージョン(包有鉱物)の有無、 位置、大きさ、性質、数、色を総合的に判断してクラリティーの評価は行われます。クラリティーの評価は、 フローレスを最高に肉眼でインクルージョンが見えるI3まで11段階に分類されています。

カットの等級

プロポーション(形)とフィニッシュ(仕上げ)を基に総合的に決定されます。
・EXCELLENT(エクセレント)
・VERY GOOD(ベリーグッド)
・GOOD(グッド)
・FAIR(フェアー) ・POOR(プアー)
の5段階に等級付けされます。

研磨状態

ダイヤモンドのファセット(研磨された面)の研磨の仕上げ評価です。 以下の5段階に等級付けされます。
・EXCELLENT(エクセレント)
・VERY GOOD(ベリーグッド)
・GOOD(グッド)
・FAIR(フェアー)
・POOR(プアー)

 

対称性

対称性の良いダイヤモンドは、美しく輝きます。対称性とは、 ダイヤモンドのファセット(研磨された面)の位置やバランスの仕上げ評価で、以下の5段階に等級付けされます。
・EXCELLENT(エクセレント)
・VERY GOOD(ベリーグッド)
・GOOD(グッド)
・FAIR(フェアー)
・POOR(プアー)

 

蛍光性

ダイヤモンドは、一般的に紫外線を当てると石によって様々な蛍光を発します。ここでは、蛍光の色調や強さを記載します。

テーブル径

テーブルの角から反対側の角までを4ヶ所測定し、その最大値をガードルの平均直径で割り、 小数点第1位を四捨五入して%表示したものです。

ガードル厚

クラウン部とパビリオンを分けている部分をガードルと呼びます。 ガードルは、ダイヤモンドを保護するために必要なもので、厚さの度合いにより
・EXTREMELY THIN(極端に薄い)
・VERY THIN(非常に薄い)
・THIN(薄い)
・MEDIUM(中位)
・SLIGHTLY THICK(やや厚い)
・THICK(厚い)
・VERY THICK(非常に厚い)
・EXTREMELY THICK(極端に厚い)
の用語で表現されます。

 

全体の深さ

テーブルからキュレットまでの深さを平均直径で割り、小数点第2位を四捨五入して%表示したものです。

 

キューレットサイズ

ダイヤモンドのパビリオン部の先端をキューレットと呼びます。大きさや状態によって
・NONE(なし)
・VERY SMALL(非常に小さい)
・SMALL(小さい)
・MEDIUM(中位)
・SLIGHTLY LARGE(やや大きい)
・LARGE(大きい)
・VERY LARGE(非常に大きい)
・EXTREMELY LARGE(極端に大きい)
・CHIPPED CULET(欠けたキューレット)
・ABRADED CULET(摩耗したキューレット)
の用語で表現します。

買取キングの店舗案内

買取キングが選ばれる理由
買取キング宝石鑑定士の豆知識
らくらく簡単ライン査定

Copyright © 2016 KAITORIKING, All rights reserved.

  • 北海道公安委員会許可 第101020001444号
  • 神奈川県公安委員会許可 第452560003469号
  • 静岡県公安委員会許可 第491050000766号
  • 奈良県公安委員会許可 第641170000552号