買取キング

電話受付 朝10:00~夜19:00
0120-010-309
ライン
査定

買取キングの
買取実績、続々更新中!

買取キングホーム買取実績【買取キング】 プロが教える買取豆知識

【買取”豆”知識】シースルーバックとは?

シースルーバック(裏スケ、スケルトン)とは、腕時計のケースの裏側(裏蓋部分)にガラスなど透明な素材が使われていて、腕時計内部で動作するムーブメントを見ることが出来る腕時計のことです。

最近では文字盤側からもムーブメントの動きが確認出来るスケルトンウォッチが多くのブランドから登場しています。

ハイブランドのスケルトンウォッチは高額なものが多く、ムーブメント内部まで綿密にデザインし、きっちり面取りまで行う為、たとえ文字盤がなくともそれに匹敵するか、それ以上の手間がかかっているわけです。

【買取”豆”知識】ニコンの水中カメラ「ニコノス」

ニコノスは、フランスの潜水用品メーカーであるラ・スピロテクニークが1961年から製造販売していた水陸両用カメラカリプソが原型で、ほぼそのまま日本光学工業(現ニコン)が自社製レンズを使う水中システムカメラとして1963年から製造した全天候カメラです。

強靱な金属外殻にプラスチックを真空含浸しマクロホールをふさぎ、Oリングを併用して6気圧防水を実現しました。

初代ニコノスⅠからニコノスⅡ、ニコノスⅢ、ニコノスⅣ-A、ニコノスVまで製造され、Vは2001年まで販売されていました。交換レンズも水中専用が4種、水陸両用が2種、陸上専用が1種製造されています。

現在ではすべての機種が生産終了からかなりの年数が経過しており、部品交換を必要とする修理は困難になっています。またOリングが経年劣化し、水中撮影能力がなくなっているものがほとんどとなっています。

カメラの買取相場表を公表しております!是非参考にしてください!

souba_camera

top_bnr_big03

下のボタンを押すと友だち追加出来ます!

友だち追加数

【買取”豆”知識】リューズって?

リューズとは、皆さんもご存じの通りゼンマイの巻き上げや時刻・日付調整などを行う、時計の主要部分です。語源は「龍頭(リュウズ)」であり、これは日本の時計用語です。説は様々ですが、釣鐘を吊るすために、綱などを通す部分を日本では『竜頭』といい(竜の装飾が施されていた)これが由来とする説があります。また中国の風水で「竜」はエネルギーを起こし運ぶ象徴とされており、ゼンマイを巻いて(エネルギー)を巻き起こす源ということから「竜頭」という呼称となった説もあります。日本の時計職人の中では、その形状から「キク」と呼ぶ人もいます。西洋では、王冠を示すクラウン(Crown)またはクローネ(Couronne)と呼ばれています。では、西洋ではどうしてクラウンと呼ぶのでしょうか?ロレックスの時計のリュウズに、シンボルマークの王冠が入っていることから、リュウズをクラウンと呼ぶようになったという単純な説や、その昔、発明された当時の時計は大変貴重なものであったこと、時計の装飾が時計の上部に施されていたことが、その理由と考えられます。 「貴重なもの」の「一番上にある丸いもの」ですから、「王冠」を連想するのはごく自然なことだったのかもしれません。

時計の買取相場表を公表しております!是非参考にしてください!

souba_tokei

top_bnr_big03

下のボタンを押すと友だち追加出来ます!

友だち追加数

【買取”豆”知識】キャノンとキヤノン

キャノンと言えば身近なものでカメラやご家庭のインクジェットプリンターや会社で使うレーザープリンターがぱっと出てくると思います。
でも実は「キャノン」の小さな「ャ」ではなく「キヤノン」が正式な表記です。バランスを考慮して、小字の「ャ」の上の空白によって穴が空いたように感じられることを避けたためらしいです。
知ってましたか?

【買取”豆”知識】チュードルって?

チュードルは、ロレックスの創始者でもあるハンス・ウィルスドルフ氏によって設立されました。当時、ロレックス本社のあったイギリスでの市場拡大を目的に作られた普及版ブランドがチュードルです。高額なロレックスとは違い、安価なチュードルの腕時計は一般庶民に受け入れられました。1990年代頃からはロレックスの普及版ブランドとしてではなく独自のブランドとして歩み始め、現在では時計界を代表するひとつのブランドとして注目を集めています。

時計の買取相場表を公表しております!是非参考にしてください!

souba_tokei

top_bnr_big03

下のボタンを押すと友だち追加出来ます!

友だち追加数

【買取”豆”知識】CASIOと言えば?

CASIOの正式名称はカシオ計算機、その名の通り計算機・電卓で世に出たブランドです。
今では時計・デジカメ・電子辞書・スマホ・電子ピアノ・意外にもゲーム機などなど・・・様々な分野に進出しています。
G-SHOCKが発売されたのは1983年案外歴史が短く感じちゃいます。
「アイスホッケーのパック代わりにしても壊れない」というキャッチコピーでアメリカで発売したところ「誇大広告だ!!」と抗議がさっとしたそうですが、ある番組で実際に試したところちゃんと動いていたそうです。この丈夫さが披露されてアメリカでも大人気になりました♪
現在では世界中で愛され、その丈夫さから軍人やパイロットにも愛用者が多いとか。

【買取”豆”知識】ミステリーセッティングとは?

ミステリーセッティングとは、宝石を爪がない不思議なセッティングです。ジュエリーブランドで有名なヴァンクリーフ&アーペルが開発しました。

レール状の地金に、溝を付けた宝石をはめ込んでセッティングします。爪がないので宝石の美しさを最大限に引き出すことが出来ます。非常に手間がかかるのでハイジュエリーに使われる技法です。

【買取”豆”知識】寒いとバッテリーの減りが早くなる!?

どうして寒いとバッテリーの減りが早くなるのでしょうか?
カメラの場合、常温撮影ではそれほど気になりませんが
真冬の撮影ではバッテリーの消耗は激しくなります。
バッテリーは内部の化学反応によって電流を作り出すのですが
低温下では化学反応が進まなくなって電力エネルギーに
変換する能力が充分に発揮されなくなるのです。ですから、
この場合『電池が減る』という表現は正しくありません。
カメラだけでなく、スマホや電池(バッテリー)を使用する機器は、
ある一定以上の電圧(カットオフ電圧)がないと作動しません。
寒い環境では電池の電圧降下が早く、カットオフ電圧にも早く
達してしまうので、機器を使える時間も短くなるのです。
しかし、電池全体の容量は使い切っていないため、
常温に戻せば使っていない残りの容量が使えるのです。
なのでバッテリーの減りが早い時はバッテリーを暖める。
これに尽きます。人肌で暖めるだけでも性能が少し回復します。

【買取”豆”知識】 ピンク・ダイヤモンドとは?

ダイヤモンドの色といえば、無色から黄色が一般的ですが、ファンシー・カラーダイヤモンドも存在します。ファンシー・カラーには、レッド・ピンクやブルーなどがあります。どれも希少価値が高いのですが、まだ手が届く範囲はピンク・ダイヤモンドではないでしょうか。無色透明のホワイトダイヤに比べ、天然のピンクダイヤの年間生産量はわずか「0.1%」しか存在しません。最も有名な産出地は、オーストラリアのアーガイル鉱山です。産出量が少なく、産出地も限定されることから非常に希少なダイヤモンドになります。さらにアーガイル鉱山も2018年には、閉山されるとの話もあるので、益々希少価値が高くなるでしょう。また、大きさも小さいものがほとんどで0.1ct以下のものが多いことが特徴です。大きくて綺麗なピンク・ダイヤモンドは数千万から数億円し、博物館級のピンク・ダイヤモンドも存在します。

放射線を照射し、ピンク色に変化させた処理ピンク・ダイヤモンドも存在します。当然、処理石ですので非常に安価で、希少価値が全く異なります。

天然ピンク・ダイヤモンド

 

【買取”豆”知識】 ひすいの歴史

ひすいは、深緑の半透明な宝石の一つで東洋(中国)、中南米(インカ文明)では古くから人気が高い宝石です。鉱物学的には「ひすい」と呼ばれる石は化学組成の違いから「硬玉(ひすい輝石)」と「軟玉(ネフライト)」に分かれ、両者は全く別の鉱物です。高価なひすいは、硬玉(ひすい輝石)で、軟玉(ネフライト)は安価で販売されています。

ひすいの最古の加工品では、約7000年前の日本(縄文時代の遺跡)から勾玉が出土されています。中国では約250年前、朝鮮半島では1400年前で中央アメリカは約3000年前だといわれています。日本では、古くからひすいを飾り物として用いられていたことがわかります。

原産地は、日本(糸魚川付近)の他、ミャンマー、グアテマラ、アメリカで現在では、宝石質のひすいの殆どはミャンマー産です。

ひすいの名前の由来は、漢字で書くと「翡翠」でカワセミという鳥を表したものです。カワセミは水辺に住む、とても美しい鳥で、背は鮮やかな青緑色、腹は橙色をしています。このカワセミの羽のように美しかったので、中国でこの石を「翡翠玉」と呼ぶようになり、日本に伝わって「翡翠」となったと言われています。

ひすい勾玉

ひすい

プロが教える買取豆知識

Copyright © 2016 KAITORIKING, All rights reserved.

  • 北海道公安委員会許可 第101020001444号
  • 神奈川県公安委員会許可 第452560003469号
  • 静岡県公安委員会許可 第491050000766号
  • 奈良県公安委員会許可 第641170000552号
  • 神奈川県公安委員会許可 第451420008715号(質屋営業)
  • 金、プラチナ、ダイヤの宝石類。ブランドバック、カメラ、楽器など幅広く高額買取査定致します。