買取キング

電話受付 朝10:00~夜19:00
0120-010-309
ライン
査定

買取キングの
買取実績、続々更新中!

買取キングホーム買取実績【買取キング】 プロが教える買取豆知識

【買取”豆”知識】オイルライターの代名詞ZIPPO

オイルライターと言えばZIPPOライターです。ジッポではなく正確にはジッポーと読みます。

ジッポー社は故障・破損に関しては、ライターの保証期間に永久保証を設定しています。製品に絶対の自信があり、ジッポー社が実際に宣伝として使った逸話で「第二次世界大戦中、ベルギー戦線で従軍中のあるアメリカ軍兵士がドイツ軍に狙撃されたが、銃弾は胸ポケットに入れていたポケット版の聖書を貫通した上でその下にあったジッポーライターにヒット、弾丸はジッポーの所で停弾、兵士は一命をとりとめた。ジッポーはへこんでしまったが、オイルを入れれば今でも火がつく。」という漫画の様な話もあるほどです。

【買取”豆”知識】ホワイトゴールドとピンクゴールド

K18金は、傷をつきにくく加工しやすくするために、元々柔らかい性質の純金(K24)に他の金属を25%混ぜて作られています。また混ぜる金属によって色を変えています。ホワイトゴールドは金75%に加えてパラジウムと銀など違う金属を混ぜて白くし、さらにその上からロジウムメッキされています。対してピンクゴールドは金75%に加えて銅や銀などを混ぜてピンク色に変化させています。色が違っていてもどれも同じK18金です。

souba_kikin

top_bnr_big03

下のボタンを押すと友だち追加出来ます!

友だち追加数

 

【買取”豆”知識】エルメスのバッグ、ピコタンロックって?

ピコタンロックは、エルメスの定番カジュアルバッグとして親しまれていたピコタンの進化形として2003年に登場しました。ピコタンとは本来、馬のエサ入れのために使われる袋のことで、それを元にエルメスが女性向けに作ったバッグです。サイズはTPM、PM、MM、GMの4種類、素材はトリヨンクレマンス、トゴ、ボックスカーフの3種類から選ぶことが出来ます。

各ブランドの買取相場表を公表しております!是非参考にしてください!

souba_brand

top_bnr_big03

下のボタンを押すと友だち追加出来ます!

友だち追加数

 

【買取”豆”知識】エルメスのバッグ、エヴリンって?

1978年に発売された、エルメスの定番ショルダーバッグです。エヴリンという名前は、当時の馬具部門のディレクターであったエヴリン・ベルトランにちなんでいます。

初期のエヴリンはポケットが付いていないシンプルなデザインで、「エヴリンⅠ」と呼ばれてます。2006年ごろにバッグ背面にポケットが付くようになった「エヴリンⅡ」が登場、その後Ⅱのデザインで長さが調整できるストラップが付いた「エヴリンⅢ」が登場しました。

サイズはTPM、PM、GMと3種類展開していて、いろんな素材、カラーが選べます。

各ブランドの買取相場表を公表しております!是非参考にしてください!

souba_brand

top_bnr_big03

下のボタンを押すと友だち追加出来ます!

友だち追加数

 

【買取”豆”知識】ロレックス サブマリーナデイト Ref.1680

サブマリーナが開発されたのは1953年。ダイビングツールとして過酷な環境で活躍するプロダイバーの為に開発された世界初のダイバーズウォッチです。

Ref.1680は初めてカレンダー機能が搭載され、2.5倍に拡大するサイクロップレンズ付きデイト表示を装備したサブマリーナです。

また防水性を高めたトリプロックリューズを採用ししたのはこのモデルからです。ダイバーズウォッチの為に開発した三重構造のパッキンを装備した特別仕様のリューズで、パッキンはチューブ側に2つ、リューズ側に1つ使用されており、これにより高い機密性を実現しています。

その後数々のロレックスのダイバーズウォッチに採用され、現在サブマリーナで300m(1,000ft)、シードゥエラー4000で1220m(4,000ft)、ディープシーで3,900m(12,800ft)という優れた防水性能を実現しています。

時計の買取相場表を公表しております!是非参考にしてください!

souba_tokei

top_bnr_big03

下のボタンを押すと友だち追加出来ます!

友だち追加数

【買取”豆”知識】シースルーバックとは?

シースルーバック(裏スケ、スケルトン)とは、腕時計のケースの裏側(裏蓋部分)にガラスなど透明な素材が使われていて、腕時計内部で動作するムーブメントを見ることが出来る腕時計のことです。

最近では文字盤側からもムーブメントの動きが確認出来るスケルトンウォッチが多くのブランドから登場しています。

ハイブランドのスケルトンウォッチは高額なものが多く、ムーブメント内部まで綿密にデザインし、きっちり面取りまで行う為、たとえ文字盤がなくともそれに匹敵するか、それ以上の手間がかかっているわけです。

時計の買取相場表を公表しております!是非参考にしてください!

souba_tokei

top_bnr_big03

下のボタンを押すと友だち追加出来ます!

友だち追加数

【買取”豆”知識】ニコンの水中カメラ「ニコノス」

ニコノスは、フランスの潜水用品メーカーであるラ・スピロテクニークが1961年から製造販売していた水陸両用カメラカリプソが原型で、ほぼそのまま日本光学工業(現ニコン)が自社製レンズを使う水中システムカメラとして1963年から製造した全天候カメラです。

強靱な金属外殻にプラスチックを真空含浸しマクロホールをふさぎ、Oリングを併用して6気圧防水を実現しました。

初代ニコノスⅠからニコノスⅡ、ニコノスⅢ、ニコノスⅣ-A、ニコノスVまで製造され、Vは2001年まで販売されていました。交換レンズも水中専用が4種、水陸両用が2種、陸上専用が1種製造されています。

現在ではすべての機種が生産終了からかなりの年数が経過しており、部品交換を必要とする修理は困難になっています。またOリングが経年劣化し、水中撮影能力がなくなっているものがほとんどとなっています。

カメラの買取相場表を公表しております!是非参考にしてください!

souba_camera

top_bnr_big03

下のボタンを押すと友だち追加出来ます!

友だち追加数

【買取”豆”知識】リューズって?

リューズとは、皆さんもご存じの通りゼンマイの巻き上げや時刻・日付調整などを行う、時計の主要部分です。語源は「龍頭(リュウズ)」であり、これは日本の時計用語です。説は様々ですが、釣鐘を吊るすために、綱などを通す部分を日本では『竜頭』といい(竜の装飾が施されていた)これが由来とする説があります。また中国の風水で「竜」はエネルギーを起こし運ぶ象徴とされており、ゼンマイを巻いて(エネルギー)を巻き起こす源ということから「竜頭」という呼称となった説もあります。日本の時計職人の中では、その形状から「キク」と呼ぶ人もいます。西洋では、王冠を示すクラウン(Crown)またはクローネ(Couronne)と呼ばれています。では、西洋ではどうしてクラウンと呼ぶのでしょうか?ロレックスの時計のリュウズに、シンボルマークの王冠が入っていることから、リュウズをクラウンと呼ぶようになったという単純な説や、その昔、発明された当時の時計は大変貴重なものであったこと、時計の装飾が時計の上部に施されていたことが、その理由と考えられます。 「貴重なもの」の「一番上にある丸いもの」ですから、「王冠」を連想するのはごく自然なことだったのかもしれません。

時計の買取相場表を公表しております!是非参考にしてください!

souba_tokei

top_bnr_big03

下のボタンを押すと友だち追加出来ます!

友だち追加数

【買取”豆”知識】キャノンとキヤノン

キャノンと言えば身近なものでカメラやご家庭のインクジェットプリンターや会社で使うレーザープリンターがぱっと出てくると思います。
でも実は「キャノン」の小さな「ャ」ではなく「キヤノン」が正式な表記です。バランスを考慮して、小字の「ャ」の上の空白によって穴が空いたように感じられることを避けたためらしいです。
知ってましたか?

【買取”豆”知識】チュードルって?

チュードルは、ロレックスの創始者でもあるハンス・ウィルスドルフ氏によって設立されました。当時、ロレックス本社のあったイギリスでの市場拡大を目的に作られた普及版ブランドがチュードルです。高額なロレックスとは違い、安価なチュードルの腕時計は一般庶民に受け入れられました。1990年代頃からはロレックスの普及版ブランドとしてではなく独自のブランドとして歩み始め、現在では時計界を代表するひとつのブランドとして注目を集めています。

時計の買取相場表を公表しております!是非参考にしてください!

souba_tokei

top_bnr_big03

下のボタンを押すと友だち追加出来ます!

友だち追加数

プロが教える買取豆知識

Copyright © 2016 KAITORIKING, All rights reserved.

  • 北海道公安委員会許可 第101020001444号
  • 神奈川県公安委員会許可 第452560003469号
  • 静岡県公安委員会許可 第491050000766号
  • 奈良県公安委員会許可 第641170000552号
  • 神奈川県公安委員会許可 第451420008715号(質屋営業)
  • 金、プラチナ、ダイヤの宝石類。ブランドバック、カメラ、楽器など幅広く高額買取査定致します。