買取キング

電話受付 朝10:00~夜19:00
0120-010-309
ライン
査定

買取キングで宝石買取!
宝石買取実績は、業界最高水準! 専属の宝石鑑定士がおりますので、
安心してご相談ください。

買取キングホーム 買取商品 宝石買取ダイヤモンドカット編-宝石鑑定士・久里浜駅前店 店長の豆知識

ダイヤモンドは炭素からできた、地球上で一番硬い物質です

日本名は「金剛石」(こんごうせき)と呼ばれています。

また、スペイン語では「ディアマンテ」と呼ばれており、車名でもありましたよね。 ダイヤモンドはキンバーライトという母岩が、地球深くのマグマ中にあり高温・高圧の状態で 一気に上昇し冷やされることにより、炭素が結晶化しダイヤモンドとなります。 ダイヤモンドの結晶は炭素原子が非常に強く結合しているため硬いということ。 同じ炭素の結晶では「グラファイト」があります。シャーペンの芯などです。 グラファイトは結晶内での炭素原子同士の結合が強いのですが、層と層の結合が非常に弱く 剥がれるため、紙に擦りつけることで字が書けるということです。 昔、ダイヤモンドは二次鉱床と呼ばれる河原などで採掘されていたが、今は大きな穴を掘り 採掘が行われてる一次鉱床がメインです。 産出国は、ロシア、ボツワナ、アンゴラ、シエラレオネ、カナダ、オーストラリアなどです。 ダイヤモンドの品質は4C(カラー・クラリティ・カット・カラット)によって決定されます。 今回は、4Cのうちのカット グレードです。 ダイヤモンド カットの種類 一般的には、ラウンド・ブリリアントカット、ペアシェープ・ブリリアントカット、マーキーズ・ブリリアントカット、 オーバル・ブリリアントカット、エメラルド・カットなどが有名です。

ダイヤモンドの原石の理想的な形は正八面体で、1つの原石から2つのダイヤモンドにカットされます。 すべてが正八面体ではなく、いろいろな形で産出されます。

さまざまな原石は、次のように5種類に大別することができます。

ストーン

シェープ

クリーベッジ

マクレ

クラット

まず1番目にカットするときは、原石の形に合わせて、大きく取れる形を考えます。 たとえば、三角形で薄い「マクレ」は、ハートシェープやトライアングルシェープになります。 また、「クラット」は、テーパードやバケットなどの薄くて四角なカットになります。 当然ですが、捨てる部分をなるべく少なくするように考えられます。 ダイヤモンドの原石を効率よくカットするために、 まず、ダイヤメンションというイスラエルで開発されたシステムで、 どの方向にどういう形でカットするかが決定されます。このシステムでダイヤモンドの原石に線が引かれ、余分な部分を削りだす作業に 入るわけです。 ここからは、正八面体の原石でラウンドブリリアントカットの工程です。

もちろん硬いダイヤモンドはダイヤモンドで研磨していくのです。

根気がいる作業になります。 ダイヤモンドのカットの中で一番きれいに輝くカットは ラウンドブリリアントカット(58面)と言われています。 ダイヤモンドの屈折率などの光学的要素を最大限に生かすため 数学的に計算されたカットです。 1919年にマルセル・トルコフスキー(ベルギー)が開発したカットです。 ダイヤモンドの中に入った光が数度の屈折を経て、観察者の眼に届くように(上に) 考えられています。

各ファセット(研磨)面の角度や大きさを数値化した理想的なカットを、アイデアルカットと いいます。 実際には、もっとギラギラと輝く数値は存在するのですが、3要素のバランスが重要だと 考えられています。 その3要素とは、ブリリアンス・ファイア・シンチレーションです。 ブリリアンスとは、目に見える光のまばゆい輝き ファイアとは、ダイヤモンドからでる分散した光が虹色にみえるもの シンチレーションとは、石、光源、見る人の位置によって見える、きらっと光る閃光のような反射 です。 ファイアが強い方がきれいに見えるなどの個人差もあるでしょう。 ただ私個人的には、大きなダイヤモンド(2カラット以上)は、58面でなく もっとカット面を増やしたほうがきれいだと思います。

買取キングの店舗案内

買取キングが選ばれる理由
買取キング宝石鑑定士の豆知識
らくらく簡単ライン査定

Copyright © 2016 KAITORIKING, All rights reserved.

  • 北海道公安委員会許可 第101020001444号
  • 神奈川県公安委員会許可 第452560003469号
  • 静岡県公安委員会許可 第491050000766号
  • 奈良県公安委員会許可 第641170000552号